メンズ

ODM請負で理想の商品を形にできる|化粧品OEMでコストダウン

負担なく輸入できる

男女

化粧品の製造コストを削減する方法として、海外に製造を委託するやり方が多くの企業に注目されています。海外は人件費も安く、化粧品を作るための素材も安価である場合があります。高額で輸入した素材を使い、人件費の高い国内で製造を行なう場合に比べ、海外にある工場に製造を依頼するほうがはるかにコストが安くなるのです。しかしながら、海外の会社に製造を委託する場合、さまざまな手続きや確認作業が負担となることが懸念されます。海外では日本国内では輸入が禁止されている成分を使用して製造することもあるので、輸入の際に税関に止められる可能性があるのです。また、海外ともなれば、日本国内では当たり前に行なわれているサービスが徹底されていないこともあります。顧客へと販売する商品を雑に扱うことや、いい加減な梱包をされる場合もあるので、化粧品の検品はしっかり行なわなければなりません。税関への手続きや検品作業をするとなると結局余計な人件費が掛かってしまうことになります。そこで依頼ができるのが、輸入代行を行なう会社です。国内でも人気の化粧品を輸入代行する会社もあるので、化粧品の製造コストを下げたいとする会社ならば、化粧品輸入代行の会社に依頼することをおすすめします。

化粧品輸入代行の会社では、化粧品を通関させるための申請や、商品の検品作業も行なってくれます。自社に変わって、輸入品にまつわる煩雑な業務を代行してくれるので、人件費による負担回避と商品の納品に関する遅延も避けることができるでしょう。通関申請と検品、さらに顧客への流通加工も全て引き受けてくれるので、化粧品輸入代行を依頼することで自社では何もせずに顧客へと商品を納品できるのです。化粧品輸入代行の会社では、小ロットからの依頼も引き受けています。代行に依頼することでどれだけの業務負担とコストが削減できるか、いまひとつ実感できない会社もあるでしょう。まずは小ロットでの代行を依頼して、代行会社の利点や魅力を調べてみましょう。